5年目の定期検診は2022年9月。そこで再発していなければ完治ということになります。

抗がん剤治療 ゼロックス療法 闘病日記【1クール目 | 015/168日目】

抗がん剤治療 闘病日記

抗がん剤治療 ゼロックス療法を受けていた約半年の心情や副作用などの体験を綴った日記です。
個人情報などを伏せるため、一部編集を加えていますが、当時書いたものを、ほぼそのまま掲載しています。
治療中の方は、どの時期でどのような副作用が生じるか参考になるかなと思います。

2017年9月19日(火)【1クール目 | 015 / 168日目】

服薬停止中。
朝イチから、外来で病院へ。

10時からの予約だったが、
9時10分くらいに受付したら9時半ぐらいには呼ばれた。

いつもは9時半から最初の人って感じだったが、今日は着いた時点で診察が始まっていた。

診察で、下血した夜のことを説明。

当時、19時ぐらいに食事をして、1時間ぐらい経過したぐらいから、腹痛と吐き気に襲われて大量の汗をかきながらぐったりしたこと。

2度吐いて、硬い便が出た後に水様便に変わり、出切った感で少々寝たが、夜中に目覚めてトイレに行ったら下血したこと。

その後は、血は少ししか出なくなったが、月曜は血がじわじわ出ている感じで、腸内に血が溜まり、それに合わせてガスがたまって何度もトイレへ行った。

火曜には、目視の範囲で血は見られなくなり、それ以降の症状は無いこと。

担当医は、おそらく腸の吻合部が穴が開くほどではないにしても、裂けたのではないか。
出血が続いている訳ではないから、至急カメラで見るという感じではないと思われる。

と、一時的な症状と判断。

あまり間をあけると、断続的に薬剤で攻める効果がないので、
予定通り、来週から2回目として抗がん剤の続きをやりましょうとなった。

リセットして1回めから〜 ということを懸念したが、
点滴と錠剤で1週間やってるから、いいでしょう と。

できれば、花粉が始まる前に終わらせたい。

退院後は、レントゲン等を一切撮ってないが、見なくていいのだろうかと思ったりする。

そんなに早く大きくならない ということだろうか。

(つづく)

タイトルとURLをコピーしました